ゆばクリニック通信

2017.05.31更新

女性泌尿器科でよくみられる病気に膀胱炎があげられます。これは、大腸菌や腸球菌などが膀胱に入り込み炎症を起こすもので、大きく分けると急性膀胱炎と慢性膀胱炎があります。

急性膀胱炎は膀胱や尿道に細菌が侵入して炎症を起こすもので、若い女性にみられやすいものです。対して慢性膀胱炎は、膀胱や尿道に病気がみられ、それが原因で膀胱内に細菌が住み着いてしまい、膀胱炎を繰り返すものです。

膀胱炎の主な症状としては、まず残尿感があげられます。排尿をしても膀胱内に尿が残っている感覚があるものです。炎症によって膀胱が過敏になっていると、このような感覚を伴うのです。

次に頻尿も膀胱炎による症状です。排尿をしてもすぐにトイレに行きたくなるような状態で、膀胱に炎症を起こす事で過敏になり、排泄を促す指示が大脳から誤って送られるために起こります。

また、膀胱の炎症により粘膜に傷がついてしまい、多少の出血を伴う場合があります。増殖している細菌を死滅っせるために働いた白血球の死骸が、尿の中に含まれる事があり、そのために尿が白濁した色になる事も稀ではありません。

膀胱炎は身体的に大きな苦痛をもたらす病気ではありませんが、生活を不便にさせてしまいます。安城にある当院では、膀胱炎に関する治療を行っておりますので、お困りの方は、ぜひご相談頂ければと思います。

投稿者: ゆばクリニック

まずはお気軽にご相談ください

泌尿器でお悩みの方はいつでもゆばクリニックまでお問い合わせください

ホームページを見たとお伝えください 0566-71-3456
contact_tel.png
診療時間日祝
9:00~12:30
16:00~19:00

休診日…木曜・土曜午後・日曜・祝日
▲土曜は9:00~13:00まで

※午前の受付は平日12:00まで 土曜日12:30まで
※午後の受付は18:30まで