ゆばクリニック通信

2017.06.14更新

膀胱炎は女性に多い病気で、約5人に1人の割合で起こるといわれています。生理や性行為、あるいは排尿をガマンするなど、様々な原因でリスクが高まり膀胱炎を発症する恐れがあります。

なぜ膀胱炎が女性に起こりやすいかといえば、男性に比べ尿道口が膣や肛門に近い構造で、雑菌が入りやすい事によります。また尿道が4cm程度と短く、雑菌が逆光して侵入しやすい構造なのも、膀胱炎を女性が起こしやすい理由と言えます。

膀胱炎になると、頻尿や排尿痛になったり尿が混濁したりと、主に排尿における自覚症状が目立ち始めます。これらのような症状を自覚した場合、すぐに専門医に相談して治療を受けるべきです。

苦痛を伴う病気ではないため、人によっては軽視されるかもしれませんが、膀胱炎を放置すると腎盂腎炎を起こす可能性が高まります。悪寒がしたり、高熱が出たり、あるいは腰の痛みを伴うようになれば、それは腎盂腎炎を引き起こしている可能性がとても高いです。

また腎盂腎炎を放置すると、腎機能が低下しより深刻な病気を起こす心配があるため、しっかり検査や治療を受けるべきでしょう。

安城にある当院では、膀胱炎に関するご相談を承っております。

頻尿や排尿痛など、分かりやすい自覚症状が現れる病気ですので、それらを自覚した時にはご相談頂ければと思います。

投稿者: ゆばクリニック

まずはお気軽にご相談ください

泌尿器でお悩みの方はいつでもゆばクリニックまでお問い合わせください

ホームページを見たとお伝えください 0566-71-3456
contact_tel.png
診療時間日祝
9:00~12:30
16:00~19:00

休診日…木曜・土曜午後・日曜・祝日
▲土曜は9:00~13:00まで

※午前の受付は平日12:00まで 土曜日12:30まで
※午後の受付は18:30まで