ゆばクリニック通信

2017.07.05更新

前立腺は男性特有の臓器で、膀胱と尿管の間に位置します。この臓器は、精子を健康的に維持するために重要な働きをしていますが、前立腺には様々な病気を起こす心配があります。

その例として前立腺炎は、前立腺が炎症を起こしているもので、自覚症状としては残尿感や頻尿、痛みなどがあげられます。これらの症状を自覚されている場合は、前立腺に問題を生じている心配があるため、一度専門医にご相談される事をお勧めします。

また、前立腺における怖い病気の一つが「前立腺ガン」です。前立腺ガンそのものには、これといった特徴的な症状はありません。しかし前立腺肥大症による症状が現れる事があり、尿がでづらかったり、切れが悪かったりするほか、夜間に尿意を伴う事が多いなどがあげられます。

これらの症状を感じた場合、前立腺ガンではなくとも肥大症を起こしている心配があります。また、前立腺ガンは腰や肺の検査の時に、転移がきっかけで専門医に発見されるケースも珍しくありません。前立腺ガンは他のガンに比べて死亡率が低い種類にあたります。進行が遅く、早期発見を可能とする病気なので、定期的に検査を受けておくとより安心です。

岡崎にある当院では、前立腺に関するご相談をお受けしております。ご不安がある方は一度当院にご連絡頂ければと思います。

投稿者: ゆばクリニック

まずはお気軽にご相談ください

泌尿器でお悩みの方はいつでもゆばクリニックまでお問い合わせください

ホームページを見たとお伝えください 0566-71-3456
contact_tel.png
診療時間日祝
9:00~12:30
16:00~19:00

休診日…木曜・土曜午後・日曜・祝日
▲土曜は9:00~13:00まで

※午前の受付は平日12:00まで 土曜日12:30まで
※午後の受付は18:30まで