ゆばクリニック通信

2017.07.12更新

膀胱炎は、尿を溜め込んでおく臓器である膀胱に炎症が起こる病気の事です。主に発症する原因は細菌が関係している事が多く、排尿をガマンしたり、ストレスを感じていたりする事など、様々な理由で発症します。

必ずしも自覚症状がはっきりと現れるとは限りませんが、主な症状としては頻尿や排尿痛、残尿感や血尿があげられます。初期症状が頻尿として現れ、回数が増える代わりに1回の量が減りやすいです。状態が悪化するにつれトイレにいく間隔が狭まっていく事も多く、さらにスッキリしない状態にもなっていきます。

膀胱炎が悪化していくと、腎盂腎炎など、深刻な病気を起こす事もあるため、しっかり治療を受ける事が大切です。排尿痛を伴うと少しは危機感を感じるかもしれませんが、頻尿程度では、それほど危険視する人は多くない事でしょう。しかし、膀胱炎とはいえ早期に治療した方が回復が早くなりますし、その他の病気を引き起こすリスクも大幅に下げられます。

膀胱炎は抗生物質による治療が行われますので、それほど心配はいりません。疑わしい症状を自覚した時は、まず一度検査を受けて膀胱炎を起こしているかどうか確認してください。安城にある当院では、膀胱炎に関する治療を行っております。自覚症状がある方はご相談いただければと思います。

投稿者: ゆばクリニック

まずはお気軽にご相談ください

泌尿器でお悩みの方はいつでもゆばクリニックまでお問い合わせください

ホームページを見たとお伝えください 0566-71-3456
contact_tel.png
診療時間日祝
9:00~12:30
16:00~19:00

休診日…木曜・土曜午後・日曜・祝日
▲土曜は9:00~13:00まで

※午前の受付は平日12:00まで 土曜日12:30まで
※午後の受付は18:30まで