ゆばクリニック通信

2013.05.29更新

JR新安城駅からすぐの泌尿器科、ゆばクリニックです。

排尿時の痛みはありませんか。
痛みがある場合、「前立腺炎」が疑われます。
男性特有の病気の「前立腺炎」ですが、実はお悩みの方は、多いと言われています。
すべての年代の男性の方々に発症される病気で、前立腺が炎症を起こしてしまったケースです。
原因は、細菌やウイルスなどによる細菌性のものと慢性のものがあります。
足の付け根、肛門の前部分の鈍痛や違和感、不快感、また、排尿時に違和感や痛みを伴うこともあります。
仕事柄、長時間座りっぱなしなどで、血液循環が悪くなって起きたり、強いストレス、疲れなどからも引き起こされることもあるようです。

「前立腺炎」の症状を改善する方法のひとつに、1日2リットルほどの水分を取ることをお勧めしています。
この時、できれば、「水」(味のついていない、普通の水)をお勧めします。
このことで、しっかりと排尿をし、回数を増やします。
また、体に水分を補給することで、血液の流れを良くし、血液がサラサラになることは、健康上もよい影響だと言えるでしょう。

もし、「前立腺炎」の痛みに悩まされている方は、すぐに診察を受け、治療を始めていただきたいと思います。
当院は、泌尿器の専門です。
一度ご来院ください。
安城市や岡崎市、豊田市などの地区からの患者様もいらっしゃいます。
お待ちしております。

投稿者: ゆばクリニック

2013.05.24更新

おしっこは、健康をはかるバロメーターです。
大人の膀胱の大きさは、およそ300ミリリットルで、普通1日5回程度排尿します。
しかし、個人、季節、状況によっても変動することもありますが、1日10回以上おしっこに行くのは、頻尿です。
色は、普通は少し黄色の透明です。
尿が濃くなると茶色っぽくなるし、薄くなると無色に近くなります。
これから暑くなる夏場は、汗をかき、尿の量も減るため、おしっこの色が濃くなります。
黄色いおしっこならば、色の濃さについては、特に気にする必要はありません。
とはいえ、夏場は、脱水症状を起こさないよう、しっかりと水分補給を心がけましょう。

また、白濁していたり、ピンク色になるなど血尿が出たりすると注意です。
腎臓や膀胱、尿路に炎症が起きていることのお知らせです。
出来るだけ早く医療機関を受診していただきたいと思います。
においにも注意です。
刺激物を食べた後は、少しにおいます。
しかし、異様な臭いが続いたり、酸っぱいにおい、アンモニア臭が強いなどがあれば、病気のサインです。

おしっこは、とても重要な体のお知らせ信号です。
毎日しっかりと自己チェックしてみてください。
なにかお困りのことがありましたら、愛知県安城市のゆばクリニックにご相談ください。
地域密着の医師、ホームドクターとしてお役にたちたいと思っています。

投稿者: ゆばクリニック

2013.05.22更新

排尿障害とはどういったことかというと例えば、「尿の出や勢いが悪い」「残尿感がある」「頻尿」「夜に何度もトイレに行く」「排尿時の痛み、出血」などですが、気になる症状はありませんか。
このような症状のある方は、出来るだけ早めに医療機関の受診をお勧めいたします。

高齢者に多い病気の中に、排尿障害が起こる「前立腺がん」や「前立腺肥大症」があります。
この2つの症状はよく似ていますが、前立腺肥大症は、がんにはなりません。
発生する場所が違う、まったく異なる病気です。
これらの病気の診断方法は、尿検査、前立腺の触診、前立腺液の検査とさらには、専用の問診と超音波検査などで判断していきます。
当院は、患者様の症状に応じて、必要であれば、最寄りの安城更生病院、八千代病院をご紹介し、精密検査、手術の提案などもさせていただきます。
そして、CTやMRIなどの大型医療機器の検査を大病院に依頼して、患者様に最適な治療方法を探してまいります。

当クリニックは、駅からも近く、駐車場も用意しております。
お気軽にご来院ください。

投稿者: ゆばクリニック

2013.05.21更新

JR新安城駅からすぐの泌尿器科、ゆばクリニックです。

当クリニックにも、おねしょが治らず、お悩みのお子さまが受診されています。
おねしょは、7歳、小学校に上がる時期を目安にしてください。
7歳を過ぎても、おねしょが続くようであれば、少し考えなければいけません。
しかし、環境の変化、精神的なことによる一過性のものや、夜に水分を取りすぎている場合などもあります。
よくお子様の様子を観察していただき、お子様もとても傷ついていたり、ナーバスになっているかもしれません。
どうぞやさしく接してあげていただきたいと思います。

当院では、膀胱の大きさ、活動状況、原因を探るために検査を行います。
そして、もし治療が必要だと判断した場合、治療方法をご提案いたします。

当院は、デリケートなお話しだということを、十分理解しておりますので、お子様と一緒に親御さんも、気持ちを楽にして、ご来院ください。
当クリニックは、キッズスペースもございます。

投稿者: ゆばクリニック

2013.05.21更新

女性にとって、膀胱炎はかかりやすい病気です。
膀胱炎の症状を簡単にご説明しましょう。
初期の段階では、何度もトイレに行きたくなる感覚があります。
1日10回以上行くようになることもあります。
しかし、排尿してもすっきりせず、残尿感が残ります。
また、尿が白く濁っていたり、血が混じってしまう血尿が出るケースもあります。
ひどくなると、排尿後にしみるような痛みが生じてきます。

しかし、女性が、泌尿器科を受診するのは、とても抵抗があるようです。
どんな治療をするのか、どんな検査をするのかと不安でしょう。
当院の検査は、痛みもなく、着替えの必要もありません。
下腹部に器械をあてて、残尿を測定して、検査をします。
この残尿測定器は、超音波の原理を利用した大変画期的な医療器械です。
どうぞ、ご安心ください。

治療方法も、症状によっては異なりますが、基本的に抗生物質を一日3回処方します。
これは、しっかりと飲んでいただきます。

膀胱炎は、我慢ができない病気です。
お早目に治療をしてください。
当院は、駐車場もございます。
どうぞご利用ください。

投稿者: ゆばクリニック

まずはお気軽にご相談ください

泌尿器でお悩みの方はいつでもゆばクリニックまでお問い合わせください

ホームページを見たとお伝えください 0566-71-3456
contact_tel.png
診療時間日祝
9:00~12:30
16:00~19:00

休診日…木曜・土曜午後・日曜・祝日
▲土曜は9:00~13:00まで