私があなたのお悩みを解決します!
HOME > 子どもの泌尿器相談
お子様の成長に伴う泌尿器のお悩みでご来院されるお母様、お子様が多くいます。 お子様だけではありません。ぜひご相談下さい。

包茎の治療

包茎の治療

日本人の思春期前の多くの男の子は皮をかぶった仮性包茎の状態である場合が多いです。一般的に真性包茎の場合以外は、特に問題は少ないと言われます。気にしすぎも気にしなさすぎもよくありません。

ご自分の体の一部として、まずは清潔を保つように心がけてください。

ご心配やお悩みには丁寧にお答えします。
気になることがあればお気軽にご来院ください。

大切なことは真性包茎か仮性包茎かを見極めることです。

夜尿症の治療

夜尿症の治療

7歳をひとつの目処にしていただき、7歳を過ぎてもおねしょが何回か続くようであれば、何らかの問題があるかもしれません。
膀胱の大きさや活動状況、膀胱内残尿量など様々な原因要素を検査し、一過性のものかどうかの判断材料にします。

泌尿器科の専門医として治療方法をご提案させていただきます。
デリケートなお悩みで、お子様はナーバスになりがちです。どうぞリラックスして、お気軽にご相談ください。

※おねしょのご相談は診察前に受付へお知らせください。

腫れや痛み、赤みや睾丸が痛いとうお悩みについて

睾丸が痛い

0~18歳の男性は精巣が成長するにつれてどんどん大きくなります。
5歳くらいまでの子は症状の表現がうまくできず「おなかが痛いよ」と訴えることもあります。

症状を訴えていても実は誰にも相談できない…というお悩みです。
精索軸捻転という睾丸がねじれてしまっている状態も考えられます。

お母様にとっては、お子様のおちんちんの痛みや腫れの症状についてわからないことや、どう対処したら良いかわからないこともあるかと思います。そんな時は、お早めに泌尿器科専門医へご相談下さい。

0566-71-3456

お知らせ

一覧を見る

2017/12/04

年末年始の休診
2017年12月28日(木曜日)から2018年1月4日(木曜日)まで休診です。

2017/08/08

夏季お盆休みは、8/10(木)~8/15(火)となります。

よろしくお願いいたします。

2016/01/25

【遺尿症(おねしょ)の相談をご希望の方へ】
遺尿症(おねしょ)のご相談は予約制となっております。
事前にお電話でご予約の上ご来院下さいますようお願い申し上げます。皆様のご理解とご協力をお願い致します。

2015/12/02

年末年始の休診のお知らせ 12月29日~1月3日まで休診致します。