ゆばクリニック通信

2017.06.28更新

"前立腺炎は、男性特有の臓器である前立腺に起こる病気の一つで、30代から40代の比較的若い世代に見られやすいものです。

前立腺にて炎症が起こる前立腺炎は、細菌性前立腺炎と非細菌性前立腺炎があり、非細菌性前立腺炎を患う方の割合の方が多いです。前立腺炎は、長時間デスクワークや乗り物の移動などを行い、前立腺に機械的な刺激を与える事が原因の一つとして考えられます。

また、ストレスや疲労、そのほか飲酒などによって、抵抗力が低下する事も、前立腺炎のリスクを高める要素です。主に下半身に症状が現れる病気で、頻用や残尿感などの排尿症状がみられるほかに、下腹部や足の付け根などに鈍痛や違和感があったり、睾丸や陰嚢に不快感やかゆみを伴ったりする事もあります。

一般的な前立腺炎の検査として、肛門から指を入れての直腸診が行われ、前立腺に痛みを伴うかどうかを調べます。前立腺が正常である場合は痛みを伴いません。また、尿検査によって白血球の有無を調べたり、尿細菌培養検査により、最近の有無を検査したりする事もあります。

前立腺炎は抗生物質や漢方等で治療が可能で、一ヶ月程度で症状が和らいでいく事が多くみられます。しかし、再燃する場合も稀ではないため、日常生活の見返しも重要です。

安城にある当院では、前立腺炎に関する治療を行っておりますので、気になる自覚症状がある方はご相談頂ければと思います。"

投稿者: ゆばクリニック

まずはお気軽にご相談ください

泌尿器でお悩みの方はいつでもゆばクリニックまでお問い合わせください

ホームページを見たとお伝えください 0566-71-3456
contact_tel.png
診療時間日祝
9:00~12:30
16:00~19:00

休診日…木曜・土曜午後・日曜・祝日
▲土曜は9:00~13:00まで